おまとめローンと自己破産のどちらを選ぶべき?

複数の消費者金融などからお金を借りているものの、その返済がとどこおってしまっているという人の場合には、その債務をどうにかして解消しなければなりません。そのための手段としていくつかのものが考えられますが、真っ先に浮かぶのは自己破産とよばれる制度を利用することでしょう。
自己破産というのは、債務が弁済できない状態となった人が、生活を再建するために、裁判所に申し立てて、その債務のすべての支払い義務をなくしてもらうという制度です。裁判所がかかわるため、客観的にみてやむをえない事情があり、本人も反省しているなどの条件を満たす場合に認められるものであって、申し立てをすれば誰でも認められるとは限らないものです。
また、この制度を使った場合には、信用情報機関には事故情報として登録されてしまうため、ふたたび消費者金融などで借金をすることが、以後は困難になってしまうことがありますので、それでもよい場合に限られます。
いっぽう、多重債務の人がとりうる方法としては、おまとめローンというものもあります。おまとめローンというのは、既存の借金はおまとめローンを用意している業者からの借金をもって返済してしまい、以後、おまとめローンの業者にだけ返済をするというしくみ、借金を一本化するということになります。
この場合、借金そのものは自己破産のようになくなることはありませんが、ともかくも既存の借金の返済ができることと、新たなおまとめローンのほうも金利が安く、相対的に返済金額が減る可能性があることがメリットとして挙げられます。