サラ金で低金利で信頼できる業者は?

サラ金比較の金利は、経費や印紙代などを含めた実質年利で表示することになっています。実質年利により利息が出され、それ以外の、例えば年会費や手数料などの費用は一切発生しません。よって、実質年利により返済における負担が変わってきます。
サラ金の実質年利の最大利率平均は年18%です。大半のケースで各社が設定する実質年利の最大利率で適用され、実際の統計では大手サラ金は年15%~18%が適用されるのが6割~7割、年15%以下が適用されるのが2割~3割となっており、低金利で貸付を受けるのは狭き門だということが分かります。ただ、サラ金の中で低金利融資が期待できるのは一様に大手となっているので、狙うのなら大手サラ金に申し込みましょう。
また、低金利は利用限度額や信頼度によっても変わります。利用限度額が大きいほど低い金利での貸付になるのは一般的ですが、正しく利用を続けている信用できる債務者なら金利を下げてもらうこともできます。
正しい利用とは、継続的に借入れをして直ぐに完済すること、完済できる前に繰り返し借入れをしないこと、返済の延滞や滞納しないことなどがあげられますが、信頼を得るのは難しいため根気よく正しい利用をしていく必要があります。利用限度額ごとの適用金利は業者によっては公表しているので各公式ページを確認してみてください。
ちなみに、闇金業者は低金利を謳っていますが非常に危険なので、いずれにしても利用するなら名の知れている大手がおすすめです。