家族・友達とアカウント共有できるオンライン英会話スクールの仕組み

オンライン英会話の場合受講生にアカウントを作ります。アカウントにより、運営側は受講生のレッスン状況等を管理しています。多くの運営会社は一人一つですが、企業によっては、アカウントを一つのアカウントで数人(家族や友達と共有)で共有することを認めている企業があります。

アカウントを共有させることにより運営側は生徒数の増加が見込め、他方、受講生側はポイント(受講時に必要な)を共有者と共有できたり、決済が一回で済んだり、割引率の高い定期コースへの変更が行うことができるというメリットがあります。

オンライン英会話のアカウント共有の方法は各社によって様々です。例えばですが、①受講生のマイページに編集を利用して必要事項を入力登録する②入力登録が終了したらオンライン英会話の運営に連絡する③オンライン英会話の運営がわから「共有確認の通知をもらう」という感じがアカウント共有の手順になります。

オンライン英会話のアカウント共有を行う会社は増加傾向です。ただし、アカウント共有は家族のみとか家族友人のみとか制約があったり、人数が最大3名等の制約があります。また、アカウント共有を行ったとしても1レッスンでアカウント共有者が同時に時間を分けてレッスンを行うことは難しいです(例えば、25分のレッスンのうち、一人は10分でもう一人が15分という様な)。

オンライン英会話のアカウント共有を可能としている場合には、制度や利用条件が違いますので、細かな部分は希望しているオンライン会社に事前確認が必要です。